キャッシングとカードローンの違い。キャッシングとは?

はじめて借りる方

カードローンとキャッシングの違い

はじめてお金を借りる人にとって、「キャッシング」と「カードローン」はどう違うのかわかりにくいと思います。

昔はキャッシングとカードローンの定義に違いがありましたが、現在は両方ともに「お金を借りること」に変わりはなく、同じ意味として使われています。
つまり、キャッシングもカードローンも全く同じ意味だと考えて問題ありません。

キャッシングとは

キャッシングとは、キャッシュ(現金)を引き出すことで、つまりお金を借りることです。
融資の申込みをして、審査に通ったら、ATMやキャッシュディスペンサーからすぐに現金を引き出し、後日返済する仕組みです。

キャッシングはもともと、「小額資金を借りて翌月一括で返済する」仕組みでした。
カードローンが比較的大きなお金を借りて分割返済するが基本だったのに対し、正反対の融資方法だったのです。

小さなお金を融資する分、キャッシングの方が審査が速いメリットがあり、金利が高いデメリットがあります。
キャッシングのイメージとしては、2万円をすぐに借りて翌月一括返済すると言った感じで、カードローンよりも利用しやすく、敷居が低いイメージです。

しかし近年では、「多額の融資が受けられ分割返済もできるキャッシング」が増え、それが当たり前となってきました。
つまり、キャッシングがカードローンの仕組みに近づいてきたのです。

また、カードローンがATMやキャッシュディスペンサーを使って現金を引き出すのに対し、キャッシングの場合は「振込融資」のようなウェブキャッシング(ネットキャッシング)の仕組みも多く、カードを持たなくても融資が受けられます。

カードローンとは

カードローンもキャッシングと同じくお金を借りる行為です。
しかし、「ローン」といえば住宅ローンや自動車ローンのように、「大きなお金を借りて分割で返済する」仕組みです。

キャッシングが「小額、短期間」のスピード重視なのに対して、ローンは「大きなお金が融資されるので審査に時間がかかる」、やや敷居が高いイメージです。(その分金利も低い)

実際に、銀行系のローン会社では消費者金融専門の会社よりも審査が長く、多額の融資が受けられますが、必ず「銀行系カードローン」と呼ばれています。

ローンは昔、店頭窓口で申込みや審査をして融資を受けるのが当たり前でした。
しかし、近年では資金使途自由なローンカードの発行によって、カードを使っていつでも自由に、限度額の範囲内でお金を出し入れできるようになったのです。

融資方法も、窓口ではなくATMやキャッシュディスペンサーにカードを入れるだけですぐに借りられるようになったので、カードローンもまた、スピード重視のキャッシングの仕組みに近づいて来たと言えます。

その結果、キャッシングとカードローンの意味は同じとなったのです。

おもな利用方法

キャッシング(カードローン)の簡単な利用方法は以下のとおりです。
通常の融資と違って、消費者金融は「即日融資」が基本なので、借りたい時にすぐ借りられるメリットがあります。

申込み・審査

まず最初に、店頭窓口やネットから申込みを行います。
昔と違って最近では、ネットや無人契約機での申込みが当たり前となり、店頭窓口で申し込む方は少なくなりました。

  • ネットからの申込み
  • 無人契約機を利用する
  • 店頭窓口での申込み

最も手軽なのは、ネットからの申し込みです。
必要書類もすべて、携帯のカメラ機能で撮影してメールで送信できるので、自宅からすぐにキャッシングの申し込みが可能です。
カードローン、キャッシングともに、消費者金融はスピード審査、スピード融資が基本です。

審査時間は数秒~30分程度で完了し、最短で即日融資も受けられます。
ただし、融資額が大きく金利が低めの「銀行系カードローン」は、審査期間に数日~数週間が必要な場合が多いです。

キャッシング

審査完了後、「ネットキャッシング」なら指定したあなたの銀行口座に振込で融資が開始されます。
時間帯によっては、振込を依頼してから数秒で融資を開始してくれるので、本当に速いです。

カードローンの場合は、郵送でカードが自宅に届くのを待つか、無人契約機に出向いて自分でカードを取りにいき、コンビニATMなどから現金を引き出します。

最近では、提携しているコンビニATMも増えたので、24時間いつでも近くのコンビニATMからすぐに現金を引き出すことが可能です。

返済

キャシング、カードローンともに返済方法はさまざまです。
どちらも、一括返済ではなく毎月一定額を返す、分割返済なので安心です。
最も一般的なのが、「コンビニATMなどから直接現金を返済する」方法です。

近所のコンビニで24時間、借りたお金を返せるのでムダがありません。
次に多いのが「振込による返済」方法です。
最近はインターネットバンキングが増えてきましたから、自宅からインターネットバンキングを使って、24時間いつでも返済できます。

もちろん、銀行やコンビニのATMから振り込み返済することも可能です。
その他にも、「口座振替」を使った返済が選べる会社もあります。

あなたの銀行口座から、毎月決まった日に自動引き落としで返済できるので、返済日を忘れていても、自分で返済の作業をしなくても良いメリットがあります。

いかがでしたか?

カードローンもキャッシングも、現在は違いがありません。
どちらも資金使途自由なお金をすぐに融資してくれるスピードキャッシングです。

どちらも、全額返済していない状態でも、融資限度額の範囲内であれば、いつでも追加で借入・返済ができます。

楽天銀行カードローン