はじめて借りる方へ。クレジットカードを使ったキャッシングの意味

はじめて借りる方

クレジットカードのキャッシング機能

「キャッシング」と聞いて、最も身近なものはなんでしょうか。
お金を借りるという意味では、アコムプロミスのような消費者金融もそうですし、銀行が資金使途自由で融資している、カードローンもキャッシングの一つです。

しかし、多くの人にとって最も身近なキャッシングの方法は、「クレジットカードによるキャッシング」だと思います。

分割返済するリボ払いは最も一般的なローンの一つですが、クレジットカードを発行した時に、「ショッピング利用限度額」と一緒に決められるのが「キャッシング利用限度額」です。

物を買うときにクレジットカードを使わなくても、「現金を買う、現金を引き出す」ためにクレジットカードを利用することもできるのです。

身近で便利なクレジットカード

クレジットカードには、大きく2つの機能があります。

【クレジット機能】
カードを使って物を買うときの機能。
翌月一括払いや、毎月一定金額を分割で支払う「リボ払い」などがあります。
使える場所の多さや現金がいらない手軽さから、多くの人が日常的にクレジットカードを利用しています。

【キャッシング機能】
現金を借りる時に使う機能です。
物を買うためのお金ではなく、家賃や友人の結婚式の祝儀など、「現金」が必要なシーンは少なくありません。
そのような場合でも、キャッシング機能付きのクレジットカードを持っていれば、いつでもすぐに現金を借りることが可能です。

総利用枠とキャッシング枠

クレジットカードを発行すると、発行書類に以下のような内容が記載されています。
総ご利用限度額60万円、内キャッシング30万円

これは、ショッピング利用やリボ払い、キャッシングも含めてトータルで60万円までなら利用できることを示しています。
クレジットカードを使って60万円分の限度額一杯までショッピングに利用した場合、総利用枠を使い果たしているので、その支払が終わるまでキャッシング機能は使えません。

ショッピング利用は総利用限度額一杯まで使えます。
しかし、「内キャッシング30万円」と定められていることから、まっさらの状態でも、キャッシング機能は30万円以上使うことができないということです。

キャッシング機能はコンビニATMで使う

クレジットカードのキャッシング機能を使いたい場合は、コンビニATMを利用します。
ほとんどのクレジットカードは、VISA、MASTER、JCB、AMEXだと思います。

これらのカードブランドはいずれも、ほぼすべてのコンビニATMと提携しているので、コンビニATMに出向いて手持ちのクレジットカードをATMに入れれば、すぐに現金を引き出せます。

キャッシング枠はなくすことも可能

最近は、規制強化の影響もあり、最初からキャッシング機能を付けていないクレジットカードも多いです。そのようなクレジットカードはもちろんキャッシング機能は使えません。

しかし、逆に「いつでもお金を借りられる環境は怖い」と感じる人も多いと思います。
クレジットカードを発行した時に、カード会社から自動的にキャッシング機能を付けられた場合は、カード会社のサポートに電話して、キャッシング機能を停止してもらうことが可能です。

例えば自分の子どもに持たせる場合や、借金に対して不安な方など「キャッシングから自分の身を遠ざけておきたい」場合は、カード会社に電話すればすぐに、キャッシング機能は使えないようにしてくれるので安心です。

クレジットカードはショッピング利用だけでも十分便利ですしね。

クレジットカードキャッシングのデメリット

クレジットカードを使ったキャッシングにはデメリットもあります。
なぜならあくまでもクレジットカードの主な使い方は「ショッピング枠」なので、キャッシング機能はオマケ要素が強いからです。

限度額が少ない

冒頭で紹介したアコムのような消費者金融や、銀行系カードローンのように、キャッシングを専門としている会社と比較して、利用限度額は低いです。

つまり、何かあった時に一時的に少し借りる程度なら、クレジットカードのキャッシング機能でも足りますが、「まとまったお金を借りたい」といったように、最初から借りる意志がある場合はカードローン会社を利用した方がキャッシング利用限度額を大きく確保できます。

また、返済プランや融資方法も含めてカードローンキャッシングを専門に取り扱っている会社の方が、圧倒的に柔軟性が高いです。
最初から「借りる意志」がある場合は、クレジットカードではなく、カードローンキャッシングを利用することをおすすめします。

金利に注意

クレジットカードのキャッシング機能にも当然金利がかかります。
利率はカード会社によって違いがありますが、一般的にやや高めの傾向にあるので注意が必要です。
あらかじめ金利を確認してから利用しないと、カードローンよりも高い金利で、クレジットカード会社からお金を借りてしまうことになりかねません。

カードローン会社からお金を借りる場合、あなたの個別の審査によって「あなただけの金利」を設定してもらえます。
しかし、クレジットカードに付いているキャッシング機能は、限度枠については個別設定されるものの、金利については誰でも一律である場合が多いからです。

楽天銀行カードローン