噂では銀行系カードローンの審査は甘いとか厳しいとか言うけど本当は?

キャッシングのヒント

調査

カードローンは大きく分けて、ノンバンク系(消費者金融)と銀行系(銀行カードローン)に分かれます。大きな違いはやはり「総量規制の対象となるかどうか」です。

総量規制の対象とならない銀行カードローンは、以下の様なメリットがあります。

  • 貸出利率が低い
  • 融資限度額が大きい
  • 収入のない専業主婦でも借りられる

規制の影響を受けることなく、あくまでも銀行の審査次第で貸すかどうかを決めることができます。このような理由から、「銀行系カードローンの審査は甘い」という人がいたり「いやいや、審査は厳しい」という人もいます。

実際のところはどうなのか、気になったので調べてみました。

甘いと言われる理由は専業主婦でも借りれるから

審査が甘いと言われる理由は、一部の銀行カードローンは専業主婦への貸出を行っているからです。専業主婦に貸せるのは、銀行のみです。消費者金融は規制によって、収入のない専業主婦には貸せません。(収入があれば主婦の方でも消費者金融は利用可能です)

来店不要・WEB完結でネットから申し込みをし、その日のうちにあなたの銀行口座にお金を振り込んでくれます。

スピードキャッシングに対応する銀行系カードローンが増えたことで、最近はプロミスやアコムのような消費者金融よりも、銀行カードローンを利用する人が増えているように思います。

厳しいと言われる理由は審査が遅いから

逆に、審査が厳しいと言われる理由は「審査の遅さ」にあります。

その理由は、銀行系カードローンは融資可能な限度額も大きいためです。最大1,000万円の限度額を与えるカードローンも存在するため、やはり慎重な審査が必要となります。

また、貸出金利が低いことも銀行系カードローンの大きな特徴です。一般的に「審査が甘いキャッシング業者ほど金利は高くなる傾向」にあります。

これは当然です。キャッシング業者は必ず一定の確率で貸し倒れが起こることを知っています。つまり、貸し倒れる確率が高い人に融資をするということは、その他の人からたくさんの利息を回収してカバーしなければならないということです。

よって、金利が低くなるほど審査は厳しく、金利が高くなるほど審査は緩くなります。

一例として「闇金」を例に考えてみます。闇金は法外な利息を要求します。しかし、闇金を利用する人のほとんどは、多重債務者など、他の貸金業者では借りられなくなった人です。そのような人に融資をする代わりに、要求する金利は非常に高い。これが闇金の仕組みです。(もちろん、闇金は回収も強引に行いますので踏み倒しはできません。そういう意味でも非常に危険な存在なので、絶対に利用しないようにしてください。)

審査の基準は大きく2つに分かれる

銀行系カードローンの審査の基準は大きく2つに分かれます。

審査が甘い

専業主婦に対する融資をするなど、収入のない人にも積極的に貸出を行っている銀行。
融資限度額が低めで、金利が他社と比較して高めに設定されているところ。

こういった銀行系カードローンは審査が甘いケースが多いです。

実際にそんな銀行系カードローンがあるのか?」という人もいるかもしれませんが、こういったところはごく普通に存在します。大手銀行でも経営方針の違いで融資に積極的なところはあるので、探せば見つかります。

審査が厳しい

逆に、審査が厳しいところは「審査に数日かかるところ」です。

融資限度額が高めで、逆に金利は他社よりも低い水準に設定されている。専業主婦に融資するどころか、「前年度の年収◯◯◯万円以上」など、申込基準が高いところ。

こういったところは審査が厳しいです。銀行の経営方針として、多くの人に融資をするのではなく、「年収が高めの人に顧客を絞って大きめの金額を融資する」ことを目的としているからです。

留学の費用など、まとまったお金が必要な場合。資金使途が明確な場合は逆に、こういった銀行系カードローンを活用した方が安心です。また、借りる金額が大きい場合、金利は少しでも低い方が利息負担が軽くなるので、あえて審査が厳しいところをあたったほうがメリットは大きいです。

いかがでしたか?

審査が甘いか厳しいかは実際に申し込んでみないとわかりません。しかし、

  • 専業主婦に融資しているか?
  • 金利や限度額はどの程度か?

この辺りをチェックすれば、その銀行系カードローンが借りやすいかどうか、見えてくると思います。

楽天銀行カードローン