クレジットカードのキャッシング枠とカードローンの違いとは

キャッシングのヒント

クレジットカード

お金に困った時、まず最初にどこから借りることを考えますか?

私なら、

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 銀行や消費者金融のカードローン

のどちらかが真っ先に浮かびます。
もちろん、知り合いや親に頼るというのもありますが、それ以外の方法でお金を借りるとなると、上記の2つが最も定番の借り方になります。

では、お金を借りたいと思った場合に、クレジットカードのキャッシング枠カードローンのどちらを利用したほうがお得なのか、今回は両者の違いについてまとめます。

クレジットカードのキャッシング枠は金利が高い

利息が高い

クレジットカードを使ってお金を借りる方法はいくつかあります。

キャッシング1回払い
事前にクレジットカードのキャッシング枠を申し込んでおけば、ATMなどからいつでもすぐ現金が引き出せる。返済方法は翌月1回払いとなっている。一般的に「クレジットカードのキャッシング枠」といえばこれのこと。

リボ払い
最も定番の方法で、毎月の支払額が一定額になるとその金額を越えた分が分割になる。例えば、リボ設定額を5,000円にした場合、15,000円のクレジットカード請求が3回払いに分割され、毎月の請求が5,000円に固定される。もちろん、2回目以降はリボ手数料として金利がかかる。

海外キャッシング
海外のATMから現地通貨を引き出せるサービス。キャッシング1回払いと仕組みは同じだが、専用枠が設けられている。海外旅行は長くても1週間程度なので、海外キャッシングを上手く活用すると、旅行時の現地通貨の調達方法は最も安くなる。

キャッシング振り込みサービス
キャッシング1回払いを銀行口座振込にしたもの。指定の口座にお金を振込んでくれる。返済方法は1回払いもしくはリボ払いとして分割にすることもできる。

いずれもお金を借りるという点では同じで、クレジットカードのキャッシング枠は1回払いが中心ですが、リボ払い(分割払い)にすることもできます。

ただ、大きなデメリットとして借入利率が年15%~18%と総じて高いです。ここが、カードローンとの大きな違いだと私は思います。

カードローンにも年18%以上の金利を取るところがあります。しかし、ソニー銀行カードローン(年13.8%)楽天銀行スーパーローン(年14.5%)のように、最高利率が年15%以下に設定されているカードローンも多いです。

また、カードローンの場合、返済方法は基本的に分割、増額返済をすれば1回払いも可能なので、月々の返済の自由度は高いです。

このように考えると、

クレジットカードのキャッシング枠
緊急時に一時的にお金を借りて来月には返済できる。

カードローン
最初からお金を借りる目的で利用する。数ヶ月に分けて返済する予定。

が使い分けのポイントになります。

カードローンは審査スピードが早い

スピード

クレジットカードのキャッシング枠は、事前に申込をしていて審査に通っていれば、いつでもすぐに借りれます。あなたがすでにクレジットカードのキャッシング枠を申し込んでいれば、緊急性が高い時に最も速い借入先となります。

しかし、もしキャッシング枠を申し込んでいない場合は、クレジットカードの場合、審査に時間がかかります。クレジットカードのキャッシングを申し込む場合は、事前に申込をして、そこから審査に1週間程度かかります。

一方で、カードローンは急な出費に対応することが強みですから、新規で申し込んでも即日融資が受けられることも珍しくありません。あなたがもし、クレジットカードのキャッシング枠を持っていない場合、今日申し込んで明日お金を借りるには、カードローンが一番早いです。

利用限度額の違い

余裕

クレジットカードのキャッシング枠は審査によって借入可能額が異なりますが、最大でも50万円までと決まっています。通常、10万円程度が限度額として設定されることが多いです。

しかし、カードローンの場合は50万円程度なら専業主婦にでも融資してくれます。また、信用力や計画的な返済ができれば、数百万円の利用限度枠を作ってもらうことも可能です。

ローン会社としては「貸してナンボの世界」なわけですから、利用限度枠で比較すると、カードローンが優勢なのは言うまでもありません。ただ、多くの人が50万円以下の借入希望額だと思うので、この点はあまり気にしなくても良いと思います。

カードローンには無利息期間がある

無利息

一部のカードローンには、初回利用に限り無利息期間があります。例えば、プロミスアコムネットキャッシング新生銀行カードローン レイクなど、初回の30日は無利息としているカードローンは増えています。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠には原則として無利息期間はありません。数日借りるだけでも利息が発生します。この点は利息を気にされる方にとっては大きな違いです。

ただ、これはあくまでもクレジットカードのキャッシング枠に限った話です。仮にクレジットカードのショッピング枠を「ローン」と考えるのであれば、何度でも使える1ヶ月の無利息期間と言えます。クレジットカードはその時にお金がなくても買い物ができて、支払うのは翌月、一括払いなら金利もかかりません。

しかし、クレジットカードのショッピング枠はあくまでも何かを買うための時に使うものです。カードローンのように現金が調達できると、そのお金の使いみちを、飲み会の参加費やパチンコ、お年玉をあげるためといった、現金が必要なシーンにも活用できます。

まとめ

今日のまとめです。

  • 金利が低いのはカードローン
  • 融資スピードが早いのはカードローン(すでにクレカのキャッシング枠を持っていればクレカ)
  • 利用限度額が大きいのはカードローン
  • 無利息期間があるのはカードローン

と、カードローンの圧勝という結果になりました。
いざという時の一時しのぎにはクレジットカードのキャッシング枠も活用できますが、「お金を借りるぞ」と決めてから申し込む先としては、カードローンの方が適しているというお話でした。

楽天銀行カードローン