家計が崩壊する前に!自転車操業から脱出するためのいくつかのヒント

キャッシングのヒント

自転車

借金を返すために、また新しく借金を重ねる。

このような状態を自転車操業といいます。
毎月の返済(借金の減少)を、新たな借金(借金の増加)でまかなっているため、結局のところ借入残高は一向に減りません。

自転車操業が怖いのはそれだけではありません。借金には「利息」がありますから、借入残高が減らない状態が続くと、毎月少しずつ利息が増えていきます。(これが利息が雪だるま式に増えるという、借金の怖さです)

そして最終的に行き着く先は、自己破産や任意整理といった状態です。自転車操業状態を続けていても、最終的には破綻してしまいますから、一日でも早く対策方法を考え、自転車操業からの脱出に向けた施策を実行する必要があります。

自転車操業状態から回復するには

解決策の提示

自転車操業から脱却するための方法は、大きく分けると3つしかありません。

  • 毎月の収入を増やす
  • 毎月の支出を減らす
  • 借金を減らす

この3つを少しずつでも改善していけば、自転車操業から脱出できます。

毎月の収入を増やす

収入を増やす

毎月の収入を増やす方法はいくつかあります。

純粋に仕事を頑張るのも良いですし、副業としてアルバイトをする方法もあります。実際、借金を抱えている人で、しっかりと返済をしている人は、本業が終わってから副業でアルバイトをする方も珍しくありません。

ただ、メインの仕事が終わってから、さらに深夜のバイトをするとなると、肉体的に無理がありますよね。身体を壊して入院をしてしまっては、また自転車操業生活に逆戻りですから、個人的にはおすすめしません。無理のない範囲で、収入を増やしていく必要があります。

そこでおすすめしたいのが、クラウドソーシングという副業のインターネットサービスです。クラウドソーシングとは、「副業をしたい人」と「仕事をしてほしい人」をマッチングさせるサービスです。

専門的な仕事から、誰でもできる簡単な作業まであります。例えば、

  • 文章に間違いがないかチェック
  • アンケート調査
  • 体験記の執筆

などです。
自分のできる範囲で、自分がやりたい時間にだけ仕事ができるので、頑張れば頑張るほど収入アップに繋がります。

クラウドソーシングで有名なのは下記の2社です。

いずれも登録は無料なので、仕事を請け負う側には一切、費用負担やリスクはありません。

毎月の支出を減らす

支出を減らす

毎月発生している支出(特に固定費)を減らすことは、すぐに実践できる自転車操業脱出方法です。

支出を減らすために私がおすすめしたい方法をいくつかご紹介します。

■コンビニでの買い物をやめる
一日に一度は、コンビニで買い物をしていませんか?
コンビニはとても便利ですが、商品の売値は非常に高く、基本的に定価で販売されています。一方、スーパーマーケットに行けばほとんどの商品が値引きされて売られていますから、その差は歴然です。

コンビニ通いをやめて、スーパーで買い物をする癖を付けるだけでも、支出は驚くほど減るはずです。

■たばこを止める
たばこはお金がかかるものですが、実は収入が低い人ほど喫煙率が高い事実をご存知でしょうか?

収入が高い人はお金を持っていますが、そういう人ほどたばこを吸っていません。逆に、収入が低い人はお金がないはずなのに、たばこを吸っている人が多いというデータがあります。ですので、収入を高めたり、お金持ちになりたいと考えるのであれば、たばこを吸うことを止めるのは、非常に有効な手段だと私は思います。

■ネット銀行やネットサービスを使う
リアルのお店で買うよりも、ネット通販を利用した方がお得になる場合が増えました。例えば、家電量販店で製品を買うよりも、Amazon.co.jpや楽天市場で買った方がお得です。

また、ネット銀行を使えば預金金利はより多くもらえますし、ATM手数料・振込手数料も0円としている銀行が多いです。最近はコンビニATMで出金をする人も多いと思います。もし、ATM手数料が0円になったら、それだけでも多くの支出を抑えることができます。

ネット銀行の情報は姉妹サイトをご覧ください。
ネット銀行100の活用術

■自炊をする
お弁当を買うよりも、自炊をして作りおきをしておいたほうが安いです。

ただ、私も自炊は苦手でやっていません。自炊は上手な人がやると節約に繋がりますが、私のように下手な人がやると逆に高くついてしまうこともあります。料理が好きなら自炊にチャレンジしてもよい。という感じです。

参照:
自炊歴5年、お弁当歴1年の私が実感した続けられるお弁当作りのちょっとしたコツ

■家賃
支出が多い人の多くは、高すぎる家賃の部屋に住んでいることが多いです。一般的に、家賃は月収の3割といいますが、私が過去に調べたデータでは、月収の3割を家賃に回してしまうと、家計がとてつもなく苦しくなります

参照:
家賃は月収の3割というのは嘘?それを目安すると家計がかなり圧迫します

引っ越し料金を含めて、新生活をスタートするにはお金が必要です。しかし、毎月発生する家賃のような「固定費」を減らすことは、長期的に見れば支出の改善に大きく貢献してくれます。家賃の安い家に引っ越すことは、私が最もおすすめしたい節約方法の一つです。

その他、支出を減らす方法としては、こちらの記事も参考になります。
自転車操業の生活から脱却する10の方法

借金を減らす

ローンの一本化

基本的に、収入が増えて支出が減れば、借金は少しずつ減っていきます。いずれ自転車操業から脱出できます。

しかし、そのサイクルを早めるために、さらに借金を減らす方法があります。それが、「借金の一本化(おまとめ)」という方法です。

借金の一本化がなぜ有効なのかというと、理由は2つあります。

  • 現在の借入状況を管理しやすい
  • 今よりも金利が下がる可能性が高い

まず最初に、現時点での借入状況と月々の支払い利息がどれくらいなのか、明確にわかります。多重債務状態だと、どうしても借金の管理がおろそかになってしまいます。しかし、借金の見える化をすることで、返済計画が立てやすいですし、返済日の遅延も避けられます。

そしてもう一つの理由が「現在よりも金利が下がる可能性が高い」メリットです。

一般的に、カードローンは利用限度額が大きいほど借入金利が下がります。つまり、限度額50万円を3社から借りるよりも、限度額150万円を1社から借りたほうが支払利息が少なくなります。

ですので、契約前にしっかりと

  • 借り換えをしたい
  • ローンを一本化することで完済を目指したい

とあなたの意思を伝えることで、カードローンの審査担当者にアピールします。こうすることで、銀行カードローンなどの審査も受けやすくなり、低金利で借り換えができます。

私が銀行カードローンをおすすめしたい理由は、限度額が大きく金利も低いからです。ローンの一本化には非常に向いています。現在の借金を1社にまとめて利息負担を小さくすることで、自転車操業からの脱出はより早く実現できるはずです。

こちらの記事も参考にしてください。
おまとめローンにも強い!限度額が大きいキャッシング業者ランキング

楽天銀行カードローン