無人契約機は本当に無人なのか?裏側に迫ってみた

キャッシングのヒント

無人契約機

キャッシングの契約をする時、最近はネットで申込をするのが一番速いです。ネットからであれば、フォームに必要事項を記入し、提出書類をメールなどで送るだけでOKです。24時間受け付けているので、最も手軽なWEB完結が主流となりつつあります。

しかし、従来通り「無人契約機」を使って申込を行う人も多いと思います。設置台数こそ少なくなってきましたが、こちらも24時間空いているので、比較的契約スピードは速いです。

ふとした疑問なのですが、「無人契約機って本当に無人なのか、本当は後ろに人がいるのでは?」と思ったので、調べてみたことをまとめます。

無人契約機は実は有人なのか

一応、人はいないことになっている無人契約機(自動契約機)ですが、バックヤードは有人なのではないか?との噂をたまに聞きます。しかし、調べてみると決してそのようなことはなく、無人契約機に人は一切いていないことがわかりました。

しかし、無人契約機は入店したお客の審査等を行う場所なので、遠隔地にあるコールセンターで監視・対応はしっかりされています。

どんな人が働いているのか

無人契約機での契約を円滑に進めるため、遠隔地のコールセンターでは休む暇なく、多くの顧客をマイクを通じて対応します。実際にどのような人が働いているのかというと、

・コールセンター専属の人
・対面窓口で経験を積んだ人

など様々です。最近は対面での契約・融資は減ってきていますから、対面窓口でお客さま対応を学んだ人が、コールセンターに異動するケースも多いようですね。

どのような業務内容か

無人契約機に訪れた人に対して、契約の案内をするのがコールセンターの主な業務です。契約機の裏側に人がいるわけではないので、マイクでの対応となります。

マイクで実際に対応しながら、顧客の状況を見て審査・融資の検討を行います。また、既にカードローンを使っている人が、ローンカード紛失をしてしまい、再発行の手続きをすることも多いです。こちらも、コールセンターでの主要な業務となります。

また、契約内容に関する質問、無利息期間についての問い合わせなど、利用にあたって気になる点も、契約前に答えてくれます。
契約完了後は、無人契約機でローンカードの発行手続きも行います。

まとめ

今回は、実際にカードローンのコールセンターで働いている人の話を参考にしました。自動契約機は無人なので、不安を抱えてやってくる人も多いです。そのような不安を解消するためにも、丁寧でわかりやすい対応を心がけているとのこと。

マイクを通して話をするので、言葉遣いやトーンには特に気をくばる必要があります。ましてや24時間対応のコールセンターなので、なかなか大変そうなお仕事だと思いました。

楽天銀行カードローン