おまとめローンは本当に良いの?メリットとデメリットについてまとめた結果

キャッシングのヒント

おまとめローン

銀行のカードローンなどで「おまとめ、一本化もOK」と書かれているのをよく見かけます。複数のローンを一本化する、おまとめローンのメリットとデメリットについてまとめてみました。

結論から言うと、キャッシングの完済を目指すなら、おまとめローンは積極的に活用していくことをおすすめします。

おまとめローンのメリット

ローンを一本化すると、多くのメリットが得られます。

金利が低くなる

カードローンの金利は、利用限度額が大きくなるほど低くなります。例えば、金利が年4.5%~17.8%で最大限度額が500万円の場合、500万円の利用枠を獲得できれば年4.5%という低金利で、ローンが利用できます。

そして、大きな利用枠を獲得するために「ローンの一本化をする」ことが、審査を通過するための最大の理由となるのです。
特に強みを持っているのは、銀行カードローンです。

銀行が審査に通してくれれば、あなたの年収に関係なく利用枠を確保できます。銀行カードローンの利用限度額が大きいのはこれが理由です。

ローンの一本化ができれば、低金利でカードローンが使える。このメリットは非常に大きいと思います。

返済管理がしやすい

おまとめローンを利用することで、返済管理がしやすくなるメリットがあります。
複数の会社でローンを組んでいると、毎回返済日が違って覚えておくのが大変です。また、ATMから返済をする場合、銀行振込によって返済する場合、いずれも手数料がかかってしまいます。

その点、おまとめローンを使って一本化しておけば、返済日は毎月1回だけで済むので、覚えやすいですし、返済にかかる手数料も最小限に抑えられます。

今日はあのローンの返済日、明日はあそこに返済。。。となってしまうと精神的な負担も大きいです。カードローンの返済日を1日だけに絞ることで、精神的な負担が軽減され、仕事などに力が入ります。精神的に楽な状況を作ることは、カードローンの返済において、とても大切です。

月々の返済額を抑えられる

一般的に、カードローンは借入れ残高が大きいほど、毎月の返済額も大きくなる「残高スライドリボルビング方式」を採用している会社が多いです。

しかし、おまとめローンの場合は審査申込段階で、月々の返済額を減額してくれるケースがあります。もちろん、返済期間が長引くほど支払わなければならない利息も増えるので、前倒しで積極的に増額返済する必要があります。

しかし、月々の負担を軽減できることで、より返済計画が立てやすいメリットがあります。

デメリットもあります

おまとめローンは、基本的に完済を目指す方に対するサービスです。複数の会社から借入れがある場合、「他社の借入れを完済することが条件」で、おまとめローンの審査に通してもらえることも、少なくありません。

あなたの借入れ状況は信用情報機関で共有されています。よって、おまとめローンを組んで一本化するということは、事実上、もう他社のカードローンは利用できないことになります。
これは、一本化のデメリットと言えます。

しかし、上記でご紹介してきたいくつものメリットを考えれば、やはりおまとめローンは積極的に活用した方が負担が小さくなることがお分かりいただけるかと思います。

まずは審査に通過することが先決ですが、ローンを一本化して一度完済を目指し、キレイな身体になれることは、何よりのメリットだと言えるでしょう。

ローンの一本化に向いているのは、銀行カードローンです。低金利かつ限度額が大きいことが理由です。