甥っ子・姪っ子に渡すお年玉の相場はどれくらい?痛すぎるおサイフ事情

キャッシングのヒント

お年玉

お年玉はどれくらい渡せばいいの?

若い方でも兄弟に甥っ子・姪っ子ができるとお年玉を渡す機会に恵まれます。昔、親戚や両親にお年玉をもらうと嬉しかった気持ちがあるので、自分でもつい渡したくなりますよね?

ただ、お年玉はどれくらいあげればよいのか相場がわからない、また意外とおサイフへのダメージも大きいのがお年玉です。甥っ子と姪っ子が両方いる場合、片方だけにあげるわけにはいきませんから。。。

今回はさまざまなデータを参考に、みんながどれくらいお年玉を渡しているのか調査しました。

約半数の人がお年玉をあげている

お年玉の相場
参照:世代で変化する?気になるお年玉事情(クートンブログ)

上記のインフォグラフィックによると、年代別にかかわらず約半数の人がお年玉をあげていることがわかります。年代によって金額にバラつきはありますが、みなさん意外とお年玉をあげているようです。

個人的に気になったのは、自分の子どもや孫よりも親戚の子供にあげるという人が圧倒的に多いこと。周りに羽振りの良さをアピールしたいということなのかもしれませんが、やはりお年玉は甥っ子や姪っ子に渡すためのものというイメージを持っている人が多いことがわかります。

相場の基準は年齢 ÷ 2 × 1,000円

お年玉の金額としてよく言われている相場は「年齢 ÷ 2 × 1,000円」です。

例えば、

小学1年生(6歳):6 ÷ 2 × 1,000円 = 3,000円
小学6年生(12歳):12 ÷ 2 × 1,000円 = 6,000円
中学3年生(15歳):15 ÷ 2 × 1,000円 = 7,500円
高校3年生(18歳):18 ÷ 2 × 1,000円 = 9,000円

となります。
妥当な金額だと思いませんか?

ちなみに私は昔から、相手のおじさん、おばさんによって一律で5,000円の人と1万円の人がいました。小学生の頃は500円・1,000円程度でしたが、それ以降はずっと5,000円・1万円の金額でした。大人になってからは親戚づきあいも減ってきたので、もらっていません。

渡し方

渡し方には一応マナーがありますが、お年玉袋に入れて渡せば問題ないと思います。サイフの中から取り出して現金で渡すのは、相手の喜びも薄れてしまうので避けたほうがいいと思います。

同じ1万円でも、渡し方によって喜びは全然変わってくるので。(特に子供の場合)

お年玉の出費は意外と痛い

仮に、親戚の子供や自分の子供があわせて4人いた場合、お年玉の金額も1万円以上になってしまいます。上記のインフォグラフィックを見ても、トータルで見ると20代でも約15,000円、50代になると約35,000円と、年齢が上がるにつれて渡すお年玉の総額も上がっています。

20代で15,000円の出費は確かに痛いですが、12月は冬のボーナスが入る時期でもあります。年始からの計画的なお金の管理だと思って冬のボーナスの一部をお年玉として確保しておくと、サイフ事情に悩まされることはなくなるのではないでしょうか。

楽天銀行カードローン