専業主婦は収入がないのにどうやって借金を返済しているの?

Q&A

専業主婦

専業主婦は収入がないのにどうやって借金を返済しているのか?

これは私が以前から考えていた疑問です。銀行カードローンの中には、本人に収入がない専業主婦に対しても、審査を通してくれるものがあります。限度額は10万円~50万円程度に制限されますが、収入がなくてもお金が借りられるのです。

専業主婦の借金返済方法

しかし、借りたお金は返さなくてはなりません。では専業主婦は収入がないにもかかわらず、どうやって借りたお金を返しているのか。当サイト「レディースローン110」が実施したアンケート結果をご紹介します。

パートをはじめる

専業主婦の時にカードローンを利用した方の多くが、順調に返済を続けています。その多くの方が、新たにパート・アルバイトなどの職を見つけてお金を返していることがわかりました。

例えば、病気で一時的に働くことができず、カードローンに頼っても、身体が健康になれば再び働くことができます。専業主婦の場合、借り入れ可能額が50万円程度なので、月1万円ずつでも返していけば2年程度で完済することができます

旦那と一緒に返済をする

アンケートの結果、意外と多かったのがカードローンの利用について夫も知っているということです。夫がカードローンについて理解してくれているなら、返済は共同で行うことができます。

定職を持っている旦那さんは収入も多いですから、毎月2万円ずつでも返済をするようにすれば、1年程度で完済できます。また、ボーナスの時に一括で返済しているとの口コミもありました。

親に借りる

結婚後、実家に帰って親に会うとお小遣いがもらえるところも少なくないと思います。本人に収入がないため、実家の親にもらったお小遣いを返済にあてている主婦の方もいました。

また、へそくりを持っている主婦の方は、いざというときに貯めたへそくりを活用してカードローンの返済をしています。

内職をして返済する

パートに行かなくても、在宅ワークとして内職の仕事を見つける方もいました。最近は、ネットを使った内職の仕事も増えましたから、自宅で主婦業をしながら空いた時間で在宅ワークをするのも良い方法です。

いずれにしても、副収入が得られるようになれば、自分の力で借金の返済を進めることができます。

借りたお金を使って利息を支払う

当面の間は、カードローンで借りたお金を使って返済に充てることもできます。

例えば、女性にも人気のセブン銀行カードローンは、限度額が50万円までで、月々の返済額は1万円です。

つまり、カードローンの限度額である50万円を借りて、そのお金が手元に残っていれば、最大で50ヶ月間は、一切収入がなくても、借りたお金を返済し続けることができます

また、多重債務になりますが、別のカードローンを新たに契約し、他社で借りたお金を使って現在利用中のカードローンの返済に充てるという方法も、よく利用されています。

しかし、これらはいずれも「自転車操業」と呼ばれており、最終的には支払いができなくなります。あくまでも、危険性の高い一時的なしのぎに過ぎないのです。

よって、一時的に自転車操業で滞納することなく返済を続け、その後バイトなどの職を見つけてお金を一気に返すという方法であれば、専業主婦でも返済ができます。

専業主婦でも借金は返済している

中には、返済が滞っているという意見もありましたが、多くの専業主婦の方が、何らかの方法でカードローンの返済をしています。

そしてその多くは、ご自身でアルバイト・パート・在宅ワークなどを始めるという方法です。もう一つは、夫や親など他の人の力を借りるという方法です。

専業主婦の場合、カードローンの限度額も小口に制限されるので、返済の糸口さえつかめれば、短期間での完済も目指せます。

主婦の借金についてはこちらの記事もご覧ください。
主婦がキャッシングをする理由とは?調べた結果わかった3つのこと

楽天銀行カードローン