女性がお金に困る理由ランキング!私はこれで借金しました

比較・ランキング

困る

キャッシングには、レディースローンという女性専用のローンが存在します。それはつまり、それだけ多くの女性が借金を利用していることの証明でもあります。(利用する人がいなければ、女性専用キャッシングなんて必要ありませんからね…)

では、多くの女性はどのような理由でお金に困り、借金をしているのでしょうか?
このサイトを書いている管理人は男ですので、女性がどういった理由でお金を借りているのか気になったので、調べてみました。

女性がお金に困る理由とは?

今回は、主に女性をターゲットに絞って、借金の理由をまとめました。
一応ランキング形式にしてみましたが、借りる理由は人それぞれだと思います。

1位:人との繋がりによる借金

女性が借金をする理由のダントツ1位は、「人との繋がりによる借金」です。(範囲が広いのでこのようにまとめました)
具体的な内容をあげてみますと。。。

  • 友人の結婚式(祝儀やドレスなど)
  • 友人の誕生日プレゼント
  • みんなで行く旅行
  • 大好きな彼氏から借金を頼まれた
  • お気に入りのホストへ貢ぐため

などです。
いずれも、「人との繋がりを大切にするがゆえの借金」であり、これは女性特有のように思います。例えば、男性の場合だと、

  • 金ないから結婚式には行けないわ
  • 友達同士で誕生日会などはしない
  • 金ないから旅行に行くのはやめとくわ
  • 彼女から借金を頼まれない(女性は自分の借金を隠したがる為)
  • お気に入りのキャバ嬢へ貢ぐため(これは男性もありえます…)

といった具合に、「金がない」を理由にイベントごとへの参加を断るのはごく普通です。
しかし、女性は友達関係や大切な人との関係をすごく大切にする人が多いので、結婚式や誕生日の参加費や祝儀・プレゼントといった一時的な出費に、レディースローンを利用する人が多いのだと思います。

男性が、借金をしてでも女性の前でいいカッコをしたい」と思う心理に似ているかも知れません。それが、女性は対友人に対してであり、男性は対異性に対して良いカッコをしたいと思うものなのでしょう。

2位:買い物・美容

女性は、買い物や美容(エステ・脱毛)によってストレスを発散する人が多いです。よって、これがエスカレートすると、とにかくたくさん服を買ってしまい、買い物による借金をすることに繋がります。
また、これは1位の「人との繋がり」に通じる部分があります。友達同士の会話で、エステや脱毛の話が出ていたり、買い物の話をしていると、「自分も行かなくては」となる人も多いと聞きます。

最近でこそエステや脱毛にかかる費用は安くなってきました。しかし、全身脱毛などはそれなりの費用がかかります。
ただし、買い物や美容による借金に関しては、エスカレートさえしなければごく普通の「健全な借金」のあり方のように思います。

3位:学費

男女に共通する借金理由が「学費」です。
代表的なのは「奨学金」ですが、その他にも資格や免許を取得するためにカードローンを利用したという人は多いです。

資格などの取得による前向きな借金は、悪循環に陥るケースも少ないと思うので、「健全な借金」の代表格とも言えると思います。
ただし、学費や資格などは数十万、場合によっては数百万円と、借入の金額が大きい特徴があります。小さいお金を細々と借りるのではなく、大きなお金をガツンと借りる点で、これまでの借金理由とは大きく異なるように思います。

4位:生活費

こちらも借金の代表例です。
男性・女性を問わずに、生活費をまかなうためにキャッシングを利用する人はたくさんいます。

特に、女性は男性よりも給料が低いケースが多いです。また、母子家庭やシングルマザーなど、環境の問題で生活に困る人が、男性よりも多いのは事実です。
行政機関による女性を支援するためのセーフティーネットもたくさん用意されていますが、それで足りない部分をレディースローンによって借りるのは、返済見込みがあれば良いと思います。

おそらく、レディースローンの本来のあり方は、生活資金の一時的な援助なのではないでしょうか。

5位:住宅ローン

女性が借金をする理由としては珍しいですが、口コミなどを見ているとたまにいます。結婚せずに自分で住宅ローンを組んで家を買う女性が。
最近は、不動産投資なども多くの方が興味を持っているので、投資の一貫で住宅ローンを組む女性もいるようです。

こちらも、資格取得と同じく、金額が大きいのが特徴です。しかし、住宅ローンは数多く存在するローンの中でも特殊な存在なので、金利はキャッシングと比べ物にならないくらい安いです。また、家の購入資金ですので、融資金額もケタ違いに大きいです。

いかがでしたか?

男性だと、借金の代表例が酒やギャンブルになると思います。女性でもギャンブルによる借金をする人がたくさんいますが、男性と比較すると、その比率は少ないと思います。
給料前にどうしても欲しいものがある場合など、買い物などの一時的な費用として、短期間でプロミスを利用している人が圧倒的に多いです。

また、女性の借金の特徴として、「家族や彼氏に内緒にする人が多い」というものがあります。周りの人に相談しない状態での借金は、返済できれば問題ありませんが、返済できなくなった時に困ります。

もしそのような事態に陥ってしまったら、司法書士などに相談してみてください。秘密厳守で誰にも知られることなく、借金解決のアドバイスがもらえます。もちろん、公的機関が運営する借金相談の窓口もあるので、まずは誰かに相談して解決方法を見つけることが大切です。