はじめてレディースローンでお金を借りるときの必要書類まとめ

お金の借り方

必要書類

レディースローンを初めて利用する時、場合によっては必要書類の提出を求められることがあります。カードローン業者によっては、事前の提出書類が一切必要なく、WEBフォームに必要事項を記入するだけで審査を行ってくれる所もあります。

しかし、通常は何かしらの書類を提出しなければならないケースがほとんどです。少しでも早く契約を完了できるよう、ここではお金を借りる時の必要書類をまとめます。

事前に用意しておきたい書類

本人確認書類はキャッシングの利用にあたって必須と言っても良いほど重要なので、事前に準備しておくことが望ましいです。

本人確認書類

本人確認書類は、キャッシングの申込をした場合、ほぼ100パーセントの確率で求められる書類です。本人確認書類を事前に準備できていると審査もスムーズに済みます。その分、借入れができるまでの時間も短縮できるので、できる限り早めに用意しておくことをおすすめします。

本人確認書類の最も代表的なものは、「運転免許証」です。これがあれば一番確実です。しかし、女性の方の中には免許を持っていない人も多いと思います。
そこで免許証を持っていない場合の代わりとなるのが、「健康保険証」や「パスポート」です。病院に行くときなどに必要となる健康保険証も、使いやすい本人確認書類です。

また、もしあなたが外国籍である場合は、上記の本人確認書類と合わせて「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要となります。

収入証明書類

収入証明書類は、利用限度額が多くなると求められることが多いです。例えば、プロミスレディースキャッシングの場合だと、

  • 希望する限度額が50万円を超える場合
  • 希望する限度額と他社での借入残高の合計が100万円を超える場合

上記2つのうち、どちらかの条件に該当すると、本人確認書類と合わせて収入証明書類の提出も必要となります。

収入証明は、「所得証明」と呼ばれることもあります。
代表的な書類は、「最新の源泉徴収票」です。収入証明書類は、あなたがキチンと職業に就いていて、定収入があることを証明するものです。給与所得を得ている人であれば誰もが、「源泉徴収票」を持っているはずなので、それを用意します。

しかし、雇用形態によっては源泉徴収票をもらわないこともあります。そのような場合に使えるのが、「給与明細(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)」です。給与明細があれば、あなたのおおよその年収が把握できるので、源泉徴収の代わりとして提出することが可能です。

もしあなたが自営業者などである場合は、おそらく源泉徴収票も給与明細も持っていないと思います。そのような場合は、「最新の確定申告書」でも代替できます。
いずれにしても、所得証明書(収入証明書)は、あなたの年収が把握できるものであれば構いません。もしいずれも用意できない場合は、オペレーターに問い合わせてその他の代替書類がないか、聞いてみましょう。

メールやFAXでの送信ができるケースも

上記2つの書類は、できれば早めに用意しておきたいです。ただ、提出方法については従来からあった「郵送」の他に、最近ではメールやFAXでの送信を許可しているケースも多いです。

現在では多くの方がスマートフォンを始めとするカメラ付き携帯を持っていると思います。メールでの送信ができる場合は、携帯のカメラで必要書類をキレイに撮影し、写メールとして送信します。
業者によっては、WEBに画像のアップロードフォームが用意されているケースや、専用のアプリをダウンロードして、アプリから書類を送信するパターンもあります。いずれも、携帯のカメラで撮影して送信するだけなので、最も手軽です。

もう一つの方法として多いのが、FAXを使った送信です。最近は、自宅に固定電話を引いていない家庭も多いので、FAXを持っていない方もたくさんいると思います。
そこで利用したいのが「コンビニのFAXサービス」です。セブンイレブンやローソンなどの主要なコンビニエンスストアでは、コピー機を使ったFAXサービスを提供しています。

ローン会社のFAX番号をメモして、必要書類を持ってコンビニに行けば、コピー機から簡単に書類のFAX送信ができます。FAXの使用料は1枚あたり50円程度です。
コンビニは24時間オープンしています。ローン会社がもしメールでの確認書類の受付を行っていない場合でも、コンビニのFAXを利用すればすぐに書類の送信ができるので安心です。

最後に

免許証や保険証、またはパスポートといった本人確認書類に使える代表的なものは、いつでもすぐ用意できる状態にしておくことをおすすめします。

また、いざというときの出費に備えて、収入証明書として使える源泉徴収票なども、用意しておくとベストです。なぜなら、利用限度額が低くても審査段階で厳しい判断となった場合、追加の書類として所得証明を求められることがあるからです。

なお、楽天銀行スーパーローンなどの銀行カードローンは特に女性に人気ですので、初めての方は、まず銀行系のカードローン会社からあたってみることをおすすめします。