女性でもお金を借りるには?レディースローン利用前に押さえておくポイント

レディースローンとは?

主婦

女性の方は、お付き合いに何かとお金がかかります。「金欠の女性」は想像以上に多く、実際に女性の方でレディースローンを利用している人は多いです。

女性でお金を借りる時の注意点

女性の方がお金を借りる時、知っておきたい3つのポイントをまとめました。

あなたが専業主婦かどうか

まず最初に、キャッシング業界では同じ「主婦」でも大きく2つに分けられます。

  • パートなどで働く定収入がある「主婦」
  • 職をもたず、収入がない「専業主婦」

このどちらに該当するかで、レディースローンの利用方法は大きく変わります。

■主婦

パートやアルバイトのような職をもっており、定収入がある主婦の方は、主婦であることに対してデメリットはありません。学生やフリーターと同じ扱いなので、審査などで不利になることはないので安心です。
正社員で働いている主婦であれば、年収に応じてサラリーマンと同じ扱いとなりますので、融資限度額に制限はありません。もちろん、あなた自身の信用でお金を借りられるので、キャッシングが夫に知られることもないです。

■専業主婦
収入がない専業主婦の方は、借入できるキャッシング業者が制限されます。原則として、アコムやプロミスのような「消費者金融」を利用することはできないので、「銀行カードローン」を利用することになります。

専業主婦の方は基本的に50万円までしか借りれません

こまめな返済がとても大切

カードローンは、利用限度額の範囲内で自由に借入・返済ができるしくみです。限度額の範囲であれば、全額返済していなくても、追加でお金を借りることができます。
ここで知っておきたいポイントは1つです。

自由にお金を出し入れできるからこそ、こまめな借入・返済がとても重要だということです。

お金を借りたい時はその時必要な最小限のお金を引き出します。そして、余裕ができたら少しでも良いので返済にまわしてください。また、必要になればその時に引き出すようにします。これがカードローンの上手な利用のコツです。
カードローンはコンビニATMで原則24時間いつでも借りたり返済ができます。また、利息は日割り計算なので、「常に必要最小限のお金だけ借りている状態」をつくることで、利息負担が大きく変わってきます。

借りたお金はこまめに返済に回して、利息の支払いを少なくしましょう。

その他の参照記事

その他に、参考となりそうな記事を紹介しておきます。

はじめてなら無利息でお金を借りられる

0円

もしあなたが、初めてカードローンを利用するのであれば、利息を払う必要がない「無利息」でお金を借りることができるかもしれません。

一部のキャッシング業者は無利息サービスを提供しています。多くの場合が初回の借入に限定されますが、有効活用することで、金利の支払いを少なくできます。

下記の3社は、いずれも女性専用キャッシングなので、女性のオペレーターが対応してくれます。インターネットからの申込は24時間受け付けているので、最短の審査期間で融資が受けられます。

女性のためのノーローン
同じく新生銀行グループの消費者金融によるカードローンです。ノーローンは無利息期間が7日と短いのですが、初回に限らず何度でも7日間は金利がかかりません。
1週間以内の短期間に全額返済できる見込みがあれば、女性のためのノーローンは非常に利用しやすいお得なキャッシング業者と言えます。

プロミスレディースキャッシング
消費者金融大手のプロミスの女性専用キャッシングです。現在は、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスがサービスを提供しているので安心です。
プロミスは利用に応じてポイントが貯まる「ポイントサービス」を展開しています。メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすることで、初回に限り30日間無利息となります。

楽天銀行カードローン