SMBCモビット

ローン会社一覧

SMBCモビット

消費者金融であるSMBCモビットは借り入れ限度額が高いことで知られています。
元々、三菱東京UFJ系のカードローン会社でしたが、現在は三井住友銀行グループのSMBCモビットとなり、絶大な安心感を誇っています。
俳優の竹中直人さんと桃井かおりさんのCMで有名だったSMBCモビットですが、現在は桃井さんに変わって女優の夏菜さんがCMに出演しており、若い層にも受け入れられています。

SMBCモビットの実質年利は3.0%~18.0%です。
例えば、10万円を1ヶ月間、最大金利の18.0%で借りた場合でも、利息は1,500円です。(利息は日割り計算なので安心です)

SMBCモビットはネットから24時間申し込みができ、すぐに10秒簡易審査が終わります

審査が終われば、即日融資が可能なスピードキャッシングです。
※即日融資は14:50までの振込手続完了が必要、審査結果によっては希望に沿えない場合もあります。

SMBCモビットでお金を借りるには

全国に多くの会員数を誇るSMBCモビット。
多くの人がSMBCモビットを選ぶ理由は一体何なのでしょうか?
ここでは、SMBCモビットのメリット・デメリットやお金の借り方、返済方法についてまとめます。

融資を受けられる人

借り入れ対象者

SMBCモビットでキャッシングできる人は、「20歳以上69歳以下で、安定した収入がある方」です。
職業は特に問われないので、安定した収入があれば、アルバイト・パートの方や、契約・派遣社員の方でも、SMBCモビットでキャッシングできます。

SMBCモビットのカードローンを利用するにあたって、担保を用意したり、連帯保証人を立てる必要はありません。誰にも知られることなく、無担保・無保証で利用可能です。

融資限度額は最大800万円

SMBCモビットでは、最大融資限度額は800万円となっています。
これは、一般的な消費者金融の中でも最大規模で、限度額が大きい消費者金融であると言えます。

融資限度額はそれぞれの審査によって個別に設定されます。
増額を希望する場合は、別途審査が必要ですが、収入が増えたり、返済実績がしっかりとある人であれば、借り入れ枠の増額にも応じてくれます。

30分で終わる申し込み手順

借り入れまでの流れ

SMBCモビットでの申し込みからキャッシング開始までの流れは4ステップです。
パソコンがある方で、カードが必要ない方は、「WEB完結」がおすすめです。

■最速のWEB完結
パソコンがある人は、「WEB完結」という申し込み方法が選べます。
WEB完結は、申し込みから借り入れまで、すべてネットで完結し、電話や郵送による手続きは一切ありません

WEB完結ではローンカードが発行されないので、「振込キャッシング」をメインで利用する人であれば、すぐにSMBCモビットのキャッシングサービスが使えます。
パソコンを持っていることが前提となりますが、もっとも手軽な申し込み方法です。

■ローンカードを発行する方法
スマートフォンや携帯電話で申し込む場合は、ローンカードが発行されます
カードがあれば、振込キャッシングの他に、提携ATMキャッシングが使えるので、よりカードローンが便利に活用できます。

まずは、携帯やスマートフォンのWEB閲覧機能を使って、申し込みを行います。
その後、SMBCモビットから融資可能かどうかの審査結果が、メールか電話で通知されます。
あとは、カードの受取方法を選択すれば、すぐに利用できます。

後日、SMBCモビットから入会申込書などの必要書類が郵送されるので、必要事項を記入し、SMBCモビットに返送します。(入会申込書は後回しなので楽です
カードの受取方法は2種類。

  • 郵送で受取り(時間がかかります)
  • 申込機で発券(すぐに受け取れます)

自分でSMBCモビットのローン申込機に行く必要はありますが、機械ですぐにローンカードを発行してくれるので、その日から借り入れがスタートできます。

申し込みに必要な書類

申込み時に必要な書類

SMBCモビットでは、その日のうちにすぐキャッシングできますが、後から必要書類を返送する必要があります。(平日14:50までに振り込み手続き⇒3分程度でお振込)

その際に必要なものは、SMBCモビットから送付される入会申込書と、2点の提出書類です。
申込書と合わせて、「本人確認書類」と「収入証明書類」を提出します。

■本人確認書類
本人確認書類には、運転免許証のコピーが使えます。
免許を持っていない人は、保険証やパスポートを本人確認書類として使うこともできます。

■収入証明書類
給与明細または源泉徴収票が使えます。
どちらも持っていないない場合は、確定申告書、支払調書、所得証明書といった収入を証明できる書類が収入証明書類として使えます。

すべて、コピーをしたものを、後日SMBCモビットに返送します。

どうやって借りればいいの?

借り入れ方法

SMBCモビットでお金を借りるには、2つの方法があります。

  • 振込キャッシング
  • 提携ATMのキャッシング

振込キャッシングとは、あなたが指定した銀行口座に即日お金を振り込んでくれるサービスです。パソコンやスマートフォン、携帯電話から申し込みをすれば、最短3分で口座にお金が振り込まれます
あとは、銀行に行って現金として引き出しても良いですし、家賃の引落が間に合わない時などもすぐに対応できるメリットがあります。

提携ATMのキャッシングは、コンビニや銀行に設置されたATMから、SMBCモビットのカードを使って直接現金を引き出す方法です。

SMBCモビットの利用可能なATMの台数は大手消費者金融の中でもトップクラスです。
利用できるATMは以下のとおり。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行ATM(セブンイレブン)
  • ローソンATM
  • E-net(ファミマ、サークルKサンクス、ミニストップなど)
  • イオン銀行ATM
  • SMBCモビット店舗・プロミス店舗
  • その他、一部の地方銀行

大手コンビニATMのほとんどがSMBCモビットに対応しています。
コンビニエンスストアなら、24時間いつでもATM、借り入れ・返済が可能です。

お金の返し方

返済方法

キャッシングで借りたお金を返す方法は3つあります。

  • 提携ATMで返済
  • 口座振替(自動引き落とし)
  • 銀行振込

もっとも手軽なのは、「提携ATMで返済する方法」です。
SMBCモビットなら、コンビニや銀行のATMから24時間いつでも返済することが可能です。

口座振替は、毎月一定の期日にあなたの銀行口座から自動的に返済額が引落されます。
この返済方法は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のどちらかに、口座を持っていることが利用条件です。

銀行振込によっても返済できます。
ネットバンクなどを利用している方であれば、自宅から銀行振込によって、SMBCモビットの指定口座に返済額を振り込むこともできます。

■いくら返済すればいい?
SMBCモビットは、「借入後残高スライド元利定額返済方式」という返済方式です。
難しい用語ですが、簡単に言うと「借り入れ残高に応じて返済額が変動する」というものです。
詳細な返済額はSMBCモビットの返済金額表を参照するとわかりやすいです。

一例をあげると、借り入れ残高が10万円以下なら、毎月の返済額は4,000円、20万円~40万円なら11,000円、100万円なら26,000円と言った具合です。

もちろんこれは最低返済額です。
お金に余裕がある時に早めに返せば利息も少なくなりますし、SMBCモビットの利息は日割り計算です。
1ヶ月だけ借りて来月に一括返済もアリですし、借りたその日に返したり、1週間だけ借りてすぐに全額返済する。という使い方もできます。

返済日は1ヶ月に1度、5日、15日、25日、末日から好きな日を指定できるので、給料日直後などを指定するとよいでしょう。

また、SMBCモビットのカードローンは借入限度額まで何度でもキャッシングが使えます
一度借りたお金を全額返済していない状態でも、限度枠に余裕があれば追加で借り入れをおこなうことが可能です。

SMBCモビットは利用すべき?

管理人がこのキャッシング・ローン会社を利用するべきか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

SMBCモビットは大手カードローン会社なので、絶大な安心感があります。
大手であれば、法外な金利を取られることも、厳しい取り立てをされることもありません。

SMBCモビットのメリットは、入会申込書や必要書類を後回しにできる所です。
また、審査結果によりますが、カードローンの限度額が最大800万円であることや、全国各地にある提携ATMの多さも、他の消費者金融には見られないメリットです。

SMBCモビットはこれまでに多くの会員が利用しています。
それだけ多くの人に利用されている、優良業者なので、はじめてキャッシングをする人も、安心して使うことができます。

楽天銀行カードローン