プロミス

ローン会社一覧

プロミス

消費者金融大手のプロミスが展開する「フリーキャッシング」は、生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)を融資してくれる消費者金融サービスです。

プロミスの手続きは、申し込みから融資まで、インターネット完結も対応可能です
来店する必要もなく、申し込み当日に借り入れが可能(※)です。
※申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合もあります。

プロミスの実質年率は4.5%~17.8%です。
例えば、10万円を1ヶ月間、最大金利の17.8%で借りた場合でも、利息は1,463円です。(利息は日割り計算です)
プロミスは「30日間無利息融資」なので、10日間の借り入れなど、1ヶ月以内の利用であれば、利息はかかりません。(30日の無利息融資を受けるには、メールアドレスとWeb明細利用の登録をする必要があります)

プロミスでお金を借りるには

プロミスで融資を受ける時に知っておきたい特徴などをまとめました。

融資を受けられる人

借り入れ対象者

プロミスでキャッシングできる人は、「年齢20歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある人」です。
パート・アルバイトや契約・派遣社員の方でもキャッシングが利用できます。

学生や主婦も借り入れできますが、「本人に安定した収入がある」ことが条件なので、アルバイトなどをしている必要があります。
また、70歳以上の方は借り入れできません。

プロミスのフリーキャッシングは、無担保・無保証で利用できます。
お金を借りるにあたって、誰かを保証人にしたり、担保などを用意する必要はありません。
必要書類だけを揃えれば、比較的簡単に融資が受けられます。

最大500万円まで融資可能

融資限度額

フリーキャッシングの最大融資限度額は500万円です。
本人の返済能力など、審査によって融資限度額は変わってきますが、最大で500万円までなら、借り入れができる可能性があります。

プロミスのキャッシングは、「ATMが財布になるようなシステム」なので、借入金額を全額返済していない状態でも、融資限度額の範囲内であれば、繰り返し借り入れすることが可能です。

24時間365日申し込みOK

借り入れまでの流れ

申し込みから借り入れまでの流れは4ステップです。

まずは申し込みからスタートします。
プロミスは、パソコンやスマートフォン、携帯のWebから申し込みが可能です。
もちろん、電話や書類の郵送、自動契約機による申し込みも可能となっていますが、インターネットからの手続きが一番速く、簡単に申し込みができるのでおすすめです。

申し込み後、プロミス側の審査によって融資可能かどうか判断されます。
審査は最短30分で終了し、メールで結果を知ることができます。

契約に必要な書類

申込み時に必要な書類

融資の審査を通過したら、次は契約に入ります。
Webからの申し込みなら、必要書類を携帯カメラで撮影してメールで送るだけなので、とても簡単です。
契約に必要な書類は「運転免許証」です。

■運転免許証
運転免許証を持っていない場合はパスポートで代用できます。
外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) が追加で必要です。

また、収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要となります。

契約はすぐに完了します。
無事に契約が終わったら、その日からキャッシングが利用できます。

契約完了後、すぐにキャッシングできます。
ネットからの申し込みなら、契約もすべてWeb上で完了します。

どうやって借りる?

借り入れ方法

契約が終わったら、ネットやATMからいつでも借り入れが可能です。
インターネットや携帯のWeb、スマートフォンから借り入れ予約をすれば、自分の銀行口座に指定した代金が振り込まれます
三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定した場合は、24時間365日対応で振込を行ってくれます。

また、電話による振込依頼も可能です。
自分で直接現金を引き出したい場合は、「プロミスATMやコンビニなどの提携ATM」を利用します。
以下のプロミスATMと提携ATMで、カードを使ってキャッシングをすることが可能です。

わざわざATMに出向く面倒くささがありますが、振込キャッシングと違い、現金がすぐに手に入るメリットがあります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • E-net(ファミマ、サークルKサンクス、ミニストップなど)
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM(セブンイレブン)
  • イオン銀行ATM

返済方法

返済方法

返済は、いつでもインターネットや店舗から簡単におこなえます。

  • 銀行振込(パソコンやスマホのネットバンキングでも返済可能)
  • 口フリ(口座振替)
  • ATM

銀行振込は、返済金額をプロミスの指定口座に振り込みます。
最近はネット銀行やインターネットバンキングも増えているので、自宅からネットバンキングを使って返済することも可能です。

口フリとは、「口座振替」による返済方法のことです。
毎月の返済日に、指定した銀行口座から自動的に返済額が引き落とされます。
手数料無料で利用できるので、返済日に自分で振り込むのが面倒な方にメリットが大きい返済方法です。

その他にも、現金による返済方法があります。
現金をプロミスATMやコンビニなどの提携ATMを使って返済する方法です。
返済時に使える提携ATMは、上記の借入時に利用できるATMと同様です。

■返済日について
プロミスの返済日は、毎月5日、15日、25日、末日の中から、好きな日が選べます。
給料日に近い日などを選ぶと良いと思います。

■いくら返済すればいい?
プロミスでは「残高スライド元利定額返済方式」という返済方式が採用されています。
残高スライド元利定額返済方式は、現在の借り入れ残高に応じて、返済額が変動する方式です。

借り入れ残高が、

  • 30万円以下:借入残高 × 3.61% 以上を返済
  • 100万円以下:借入残高 × 2.53% 以上を返済
  • 100万円超過:借入残高 × 1.99% 以上を返済

となります。
例えば、30万円の借り入れを行った場合、初月の返済金額が1万円ちょっととなり、2ヶ月目、3ヶ月目と時間が経つに連れて、返済額は減少していきます。

もちろん、これは最低返済額なので、30万円の融資を次の日に全額一括で返済することも可能です。
また、プロミスでは満額返済をしていない状態でも、融資限度額の範囲内なら、追加での借り入れが可能です。

プロミスの豆知識

プロミスについて、知ってるとちょっと良いこと、まとめました。

三井住友フィナンシャルグループの消費者金融である

SMBCコンシューマーファイナンス

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループが運営している消費者金融です。
以前は、プロミス株式会社という会社が運営している消費者金融でした。

しかし、三井住友銀行がプロミスを買収し、社名を「SMBCコンシューマーファイナンス」に変更しました。(SMBCとは三井住友銀行のことです)

そして、現在はプロミス株式会社という会社は存在していません。
私たちが利用している「プロミス」は、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスというサービス名になっています。

三井住友銀行のキャッシングサービスとなれば、以前にも増して安心感が大きいですね。

お得なポイントサービス

ポイントサービス

プロミスには、お得な「ポイントサービス」が用意されています。
ポイントは、プロミスのネットサービス(会員ページへのログインや返済日お知らせメールを受信するなど)を利用することで貯まります。

貯まったポイントは、「提携ATM手数料無料サービス」に使うことができます。

プロミスは利用すべき?

管理人がこのキャッシング・ローン会社を利用するべきか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

三井住友銀行が運営する消費者金融サービスということで、絶大な安心感があります。
プロミスは、他のキャッシング・ローンと同じく、ATMによる借り入れや返済がおこなえますが、特にインターネットを使った振り込みサービスに特化しています。

なかでも、三井住友銀行とジャパンネット銀行に限り、24時間365日いつでも振込をおこなってくれるサービスは、他社にはないプロミスならではの使えるサービスです。

また、インターネットページへのログインなどでポイントが貯まります。
貯まったポイントは無利息サービスやATM手数料無料に使えるので、たいへんお得です。