MR.カードローン

ローン会社一覧

MR.カードローン

数ある銀行カードローンの中でも、圧倒的な低金利を誇るのが、住信SBIネット銀行のMR.カードローンです。最大金利でも14.79%、そして最低金利に至っては0.99%という破格の低さで評判となっています。
また、最大利用限度額も1,200万円とカードローンの中でも最大です。

MR.カードローンは審査期間が長めなので、即日融資は難しいですが、計画的な資金の調達を目的とした利用には、非常に有効なカードローンです。
住信SBIネット銀行のカードローンは、専業主婦の方は利用できません。しかし、安定収入がある20歳以上の人なら、原則として誰でも申し込めます。

MR.カードローンのメリットは?

住信SBIネット銀行カードローンの審査条件や利用方法、メリット・デメリットについてまとめます。
MR.カードローンは利用明細の郵送が行われないほか、申込もWeb完結です。つまり、家族や友人にカードローンを利用していることがバレにくいメリットがあります。

職場への在籍確認が行われる可能性はありますが、在籍確認はクレジットカードや銀行口座開設でも普通に行われていることなので、心配する必要はありません。

また、利用開始後も専用のローンカードを発行せず、銀行キャッシュカードで借入・返済を行う仕組みなので、サイフの中にカードが入っていても、ATMでお金の入金・出金を行っていても、全く疑われません。

家族や友人にバレたくない人にとっても、MR.カードローンを選ぶメリットはあります。

業界トップクラスの低金利を実現

低金利

住信SBIネット銀行 MR.カードローンを語る上で、最も特筆すべき部分は、業界トップクラスの圧倒的な低金利を実現していることです。

また、最大利用限度額は1,200万円となります。借りたお金の使い道も自由です。(ただし、事業性資金には使えません)

また、業界でもダントツの低金利となる0.99%~14.79%を実現しています。仮に100万円を最大金利の14.79%で1ヶ月借りた場合、利息は6,567円となります。

適用金利をさらに0.5%引き下げる方法

金利引き下げ

MR.カードローンの評判が良い理由は、「適用金利をさらに引き下げる条件がある」からです。以下の2つの条件のうち、いずれかを満たすことで、金利をさらに0.5%引き下げることができます。

  • 条件1:住信SBIネット銀行で住宅ローンを組む(0.5%引き下げ)
  • 条件2:SBI証券の口座開設をする(0.5%引き下げ)
  • 条件3:ミライノカードを持っておりさらに住信SBIネット銀行の口座開設をする(0.1%引き下げ)

正直言って、住宅ローンを組むのは難しいと思います。。。すでに住信SBIネット銀行で住宅ローンを組んでいる人向けの優遇サービスという感じです。

一方で、「SBI証券の口座開設」はとてもハードルが低い条件です。口座開設手数料などは一切かからないので安心です。また、投資信託や株式といった証券取引をする必要はなく、口座を作ればOKなので、誰でも簡単に、この優遇金利の適用を受けられます。

もし、優遇金利を受けられた場合、金利は以下のように変わります。ちなみに、最低金利の0.99%はすでに適用後の金利となるため、代わりません。

適用前:1.59%~14.79%

適用後:0.99%~14.19%

カードローン金利において、0.5%というのはとても大きな違いを生むことになります。もしSBI証券の口座開設が面倒でなければ、ぜひ利用しておきたいところ。

SBI証券の口座開設は、カードローンの利用開始後からでも適用可能です。先にカードローンを申し込んで、落ち着いてから証券口座の解説に着手するという方法でもOKです。

利用条件は?審査期間は長いです

審査

利用条件は以下のとおりです。
もしあなたが外国籍の場合は、永住者であることが必要となります。

  • 20歳以上65歳以下の人
  • 安定収入があること(専業主婦は借りれません)
  • 保証会社の保証を受けられる人
  • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を持っていること(同時申込可)

MR.カードローンを利用するには、「安定収入があること」が必須です。よって、収入のない専業主婦の方は申し込めません。しかし、職業や年収は問われていないので、アルバイトやパート、派遣の方でも申し込めます。

また、住信SBIネット銀行の普通預金口座を開く必要がありますが、これはカードローンの審査に通った時に自動的に開設されるので、別途申し込む必要はありません。

利用にあたって連帯保証人や担保を用意する必要はありません。しかし、保証会社の審査としてSMBCコンシューマーファイナンスの審査に通過する必要があります。SMBCコンシューマーファイナンスは、プロミスなどを運営している大手保証会社なので安心です。

住信SBIネット銀行カードローンに申しこめば、自動的にSMBCコンシューマーファイナンスの審査も受けることになるので、自分で手続きをする必要はありません。

借り方と返し方

ATM

借り方

カードローンでお金を借りるには、ATMを使う方法と、あなたの住信SBIネット銀行口座に対して「振替」で入金をしてもらう方法があります。
利用できるATMは以下のとおりです。

利用可能ATM一覧

■ATMを利用する
主要なコンビニATMが利用できます。住信SBIネット銀行のキャッシュカードをATMに入れて、現金を直接引き出します。
ATM手数料は原則として無料です。(一部のATMで毎月6回目以降、100円+税の手数料がかかる場合があります)
ATMでの借入には、銀行キャッシュカードを使うので他の人にバレません。サイフの中にカードを入れていても安心です。

■銀行口座への振替
あなたの住信SBIネット銀行口座に依頼した金額を「振替」によって振り込んでもらう方法です。こちらも24時間手数料無料で利用できます。
もちろん、モバイルバンキングとして携帯やスマートフォンから依頼をすることもできます。
銀行口座からの振込をする必要がある場合は、クレジットカードの引き落とし日が迫っている時など、銀行の口座にお金が必要な時にメリットがある借り方です。

返し方

返済方法も同じく、ATMとネットバンキングを使います。ただし、住信SBIネット銀行の場合、毎月の約定返済は常にネットバンキング(自動引落)となります。

■約定返済(自動引落)
あなたの住信SBIネット銀行口座から、月々の返済額が自動で引き落とされます。返済日は毎月5日です。

■ATMからの増額返済
借入時と同じく、コンビニATMに現金を直接入金することで、返済を行います。住信SBIネット銀行では、ATMからの返済は増額返済のみ対応しています。ATM手数料は借入時と同じく、原則無料です。

■口座からの増額返済
口座残高に余裕がある場合は、「振替」をすることによって住信SBIネット銀行に対して、銀行口座残高から増額返済を行います。24時間対応で、手数料は無料です。

MR.カードローンでは、「残高スライドリボルビング返済」を採用しています。毎月の最低返済額は前月のカードローン利用残高によって変わります。

例えば、前月のローン残高が

  • 50万円以下:1万円
  • 200万円以下:3万円
  • 500万円以下:6万円

と言った具合です。

MR.カードローンは利用すべき?

管理人がこのキャッシング・ローン会社を利用するべきか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

低金利で利用できる分、審査のハードルは高めであると感じます。しかし、他社と比較してもかなりの低利率で借りることができるので、大変魅力的なカードローンであることは間違いありません。

また、利用限度額も1,200万円と大きいので、何かしらの利用用途があって、まとまったお金が必要な場合などに活用しやすいカードローンだと思います。例えば、留学の資金などは、その典型でしょう。

世の中には、ブライダルローンや自動車ローンなど様々なものがあります。しかし、場合によってはMR.カードローンの方が金利面・利便性で有利になるケースもあると思うので、事前に比較してみることをおすすめします。

また、SBI証券の口座開設をするだけで、カードローン金利がさらに0.5%も引き下げられるので、Mrカードローンを利用する際は、この特典を前向きに活用することで、メリットが得られます。