三井住友銀行

ローン会社一覧

三井住友銀行カードローン

大手銀行のローンで絶大な安心がある「三井住友銀行カードローン」。低金利で最大800万円までの借入れができ、多くの方に利用されているのが特徴です。

三井住友銀行カードローンは、銀行口座を開設していない人でも利用できます。(口座開設していない人はローン契約機、もしくは郵送でカードを受け取る必要があります。)また、原則として本人確認書類のみで申込が可能です。(※50万円を超えるお申込には、ご本人さまのご年収が確認できる資料をご準備ください。)

金利は年4.0%~14.5%です。
仮に10万円を1ヶ月間、最高利率の14.5%で借りた場合、利息は1,191円となります。借入れ利率はカードローンの限度額が大きくなるほど下がります。

お申込みはこちら

三井住友銀行カードローンでお金を借りるには

三井住友銀行カードローンの申込条件や特徴についてまとめます。

申込条件

申込条件は以下のとおりです。

・20歳以上、69歳以下
・原則として安定収入がある人
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証が受けられる人

申込には安定収入があることが条件となりますが、職業や勤続年数は問われません。例えば、アルバイトやパートの方でも三井住友銀行カードローンを利用できます。

保証会社はSMBCグループの「SMBCコンシューマーファイナンス」が務めます。あまり聞き慣れない会社ですが、SMBCコンシューマーファイナンスは、カードローンのプロミスを展開していることで知られている会社です。保証会社も三井住友銀行と同じ系列のグループ会社なので安心です。

三井住友銀行カードローンは、無担保で使えます。申込にあたって連帯保証人などを用意する必要はありません。

利用限度額は最高800万円

融資限度額

利用限度額は最大800万円です。金利は、カードローンの限度額が大きくなるに従って下がります。

三井住友銀行カードローンでは、限度額800万円の場合、借入れ金利は4.0%です。銀行ならではの金利で、業界大手の三井住友銀行という点でも安心感が大きいです。

お申込みはこちら

お金の借り方

ATM

三井住友銀行カードローンは、従来通りATMを使った借り方や、銀行振込による借入れなど、さまざまな方法があります。

  • ATM
  • SMBCダイレクト
  • 自動融資(バックアップ)

■ATMを使って借りる
最も定番の使い方は、ATMから現金を直接キャッシングする方法です。

三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行ATMの他にも、セブン銀行、ローソン、E-net(ファミリーマート)、そしてゆうちょATMなど、様々な提携ATMを利用できます。

主要なコンビニATMが使えるので、一部時間を除いて原則24時間いつでもキャッシングができます。また徒歩5分圏内にATMがあるので、急な出費にも対応できます。

三井住友銀行、セブン銀行、ローソン、E-net(ファミリーマート)、ゆうちょATMを使ってお金を借りる場合は、時間外手数料は無料です。

■SMBCダイレクト
カードローン口座から普通預金口座への振替が可能です。利用にはSMBCダイレクトを契約し、カードローン口座をSMBCダイレクトのサービス口座に使う必要があります。

■自動融資(バックアップ)
自動融資(バックアップ)は、三井住友銀行口座の残高がマイナスになった場合、そのマイナス分を自動的にキャッシングでまかなう借り方です。(別途所定の手続きが必要)

例えば、口座に3万円しかない状態の時に、5万円の家賃引き落としがあったとします。本来なら残高不足で引き落としが実行されませんが、自動融資を設定しておくことで、自動的に不足分の2万円をカードローンで借入れ、引き落としを実行してくれます。

返済方法

返済方法にも3つのやり方があります。

  • ATMに現金を入金
  • 振込による返済
  • 口座振替(自動引落)

■ATMに現金を入金
ATMでキャッシングする時と同じく、ATMに現金を入金することで返済する方法です。借入時と同様に、主要なコンビニATMが手数料無料で使えるので、最も利用しやすい返済方法だと思います。

■銀行振込による返済
月々の返済額をカードローン用口座に銀行振込をすることで、返済する方法です。銀行振込の際にかかる手数料はこちらの負担となるので、あまりお得な返済方法ではないと思います。

■口座振替(自動引落)
毎月、指定日に銀行口座から返済額が自動引落されます。自分で返済の手続きをする必要がないので、もっとも楽な返済方法です。また、口座振替の手数料もかかりません。
ただし、口座振替を利用するには、三井住友銀行の口座が必要です。

口座振替による返済は、もっとも楽な方法です。しかし、毎月の引き落とし額は最低返済額のみとなるので、そのまま自動引き落としに任せておくと、返済期間が長引いてしまう可能性があります。

三井住友銀行カードローンでは、増額返済や臨時返済も受け付けています。お金に余裕があるときは、積極的に借入残高を減らすことで、利息負担を大きく減らすことが可能です。

返済方法は、「残高スライド元利定額方式」です。カードローンの借入残高に応じて、月々の最低返済額が決まるしくみです。

例えば、借入残高が
10万円以下:月々2,000円の返済
40万円超、50万円以下:月々10,000円の返済
といった具合です。

三井住友銀行カードローンは利用すべき?

管理人がこのキャッシング・ローン会社を利用するべきか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

借入れ方法が多彩で、ATMを利用した現金キャッシングや、振込融資、そして自動融資(バックアップ)なども用意されています。
ATMに関しては、コンビニATMを使えば手数料無料で借入・返済ができるので、もっともわかりやすく、そしてお得な利用方法といえるでしょう。

三井住友銀行の口座開設は必要ありませんが、口座を持っておいた方が何かと便利です。カードローンの利用開始後に、銀行口座も開設しておくことをおすすめします。

お申込みはこちら