職業別に見るキャッシングの審査難易度をチェックしてみた

申込み・審査

審査担当者

専業主婦や学生は審査に通りにくい?

キャッシングをするときに、一番気になるのが「審査に通るかどうか?」です。審査に落ちてしまうとお金が借りれないばかりか、自分の信用に傷がついてしまうのではないか?今後借りるのが不利になるのではないか?と心配になる方も多いです。

審査で見られるポイントとして代表的なことは、

  • 現在の借入状況
  • 年収(現在の返済能力)
  • 職業(将来の返済能力)
  • 申込みフォームの記入間違い

などです。
特に、申し込みフォームの入力間違いで審査落ちになってしまうケースは多いと聞きます。申込時は焦らず、慎重に入力フォームに正しい情報を記入していくことをおすすめします。

また、現在の他社からの借入状況と年収によって「返済比率」がわかります。返済比率というのは、を見るもので、低ければ低いほど良いです。

また、将来の返済能力を見るために「職業」も審査時にチェックします。多くのカードローンで在籍確認が行われているのは、本当にその職場で働いているかを確認するためなので、職業も重視していると言えます。

審査に有利な職業とは?

前置きが長くなりましたが、審査の有利・不利を決定する「職業」を紹介します。

専業主婦

専業主婦

専業主婦でも利用できるカードローン。

実は探してみると結構たくさんあります。

MR.カードローンのように専業主婦は借りることができない銀行もたくさんあります。また、銀行系ではない消費者金融も、基本的に専業主婦には融資をしていません。

しかし、私が聞いた話によると「専業主婦は意外と審査に通りやすい」みたいです。なぜなら、専業主婦は結婚しているため「配偶者」が存在します。いざとなれば、配偶者の給料で返済をしてもらうことができるので、貸し倒れも少ないです。

専業主婦の場合、利用限度額が50万円までなどに制限されるケースがほとんどですが、「専業主婦歓迎のカードローン = 審査に対して前向き」だと思って間違いありません。

学生

大学生

大学生でも借りれます。

高校生はもちろん利用できませんが、大学生であればカードローンは利用可能です。アルバイトをしていれば定収入があるので、問題はありません。

しかし、同じ大学生でも収入がない場合はどうなのか?
基本的にはNGとなることが多いのですが、学生の場合は「学生ローン」というものがあるので、そういった学生向けのキャッシングを活用するのも良い方法です。ただ、聞いた話によると、学生は審査落ちしてしまうケースが意外と多いのだとか。。。

できることなら、アルバイトを見つけて定収入が得られるような状況を作ってから、審査に挑むのが良いと思います。

フリーター・パート

フリーター

アルバイトで生計を立てている、フリーターやパートの方は、審査面で問題ありません。定収入がある方なら、職業に限らず借りれるのが、カードローンの利用メリットです。

しかし、フリーターやパートの審査通過率も低いと聞きます。その理由として、職業が問題視されるのではなく、以下の様な理由が考えられます。

  • フリーターやパートは年収が低い(返済比率が上がりやすい)
  • 年収が低いがゆえに他社から借りていることも多い

前述しましたが、返済比率とは「1年間のローンの返済総額が、年収の何パーセントになるか?」に相当するもので、低ければ低いほどよいです。返済比率について補足しておくと、目安としては以下のようになります。

返済比率:25%
住宅ローン審査時の目安となる水準

返済比率:30%
この水準を超えるとカードローンの審査落ちが増える。
審査に通るためには返済比率を30%以下に抑えるのが理想的。

返済比率:33%
銀行系カードローン以外(消費者金融など)は総量規制がかかる。
総量規制とは、「年収の3分の1までしか借りれない」というもの。
年収の3分の1とはつまり、返済比率33%に相当する。

返済比率:40%
かなりの確率でカードローンが審査落ちしてしまう。
ただし、年収が高い、職業が高属性であれば通るケースもある。

フリーターやパートの場合、年収に安定もなければ属性も高くありません。
そう考えると返済比率は30%以下に抑えるのが良いと思います。

月収15万円を稼ぐフリーターの場合、年収は180万円。
返済比率を30%とすると、借入限度額は54万円となります。

つまり、50万円程度なら借りれるがすでに他社で50万円借りている状態だと、そこからさらに借入枠を増やすのは難しくなります。

派遣社員・契約社員

契約社員

派遣社員や契約社員は、フリーターの延長線上だと考えてください。社会的には「フリーター以上、正社員未満」という位置づけでしょうから、当然審査基準もそのようになります。

返済比率を30%程度にすることは変わりません。しかし、派遣社員や契約社員の場合、年収がフリーターよりも多い可能性が高いので、必然的に借入限度額も拡大します。

仮に月収20万円(年収240万円)だとすると、返済比率を30%に見積もった場合の借入限度額は72万円となります。もちろん、ローン会社によって審査が厳しいところは、返済比率を25%にするかもしれませんし、逆に審査の甘いローン会社は返済比率を35%にするかもしれません。

そこは、ローン会社の方針や貸倒れ・貸出の状況によっても変わってくると思います。

会社員(正社員)

自営業

最もカードローンでお金が借りやすいのは、会社員(正社員)です。
なぜなら、年収もそこそこ高く、収入の安定性が抜群に高いからです。

ただ、会社員と言ってもピンキリです。
例えば、ソニーのような大企業ならまず倒産は考えられませんし、年収も高いです。さらにもし失業しても、ソニーで働いていたという経歴によって、再就職にも強いと考えられます。

逆に、小さな会社で働いていると、その会社がいつ倒産するかわからない、給料も安い。といった判断をされてしまいかねません。

会社員の場合、「勤続年数」も審査では重視されます。勤続年数が3年以上の場合、審査通過率は非常に高くなります。

いわゆる「属性」が高い会社員である場合、ローン会社によっては返済比率40%でも審査に通すことがあります。これはつまり、年収のうち4割がカードローンの返済に回るという意味です。

自営業

自営業

経営者や自営業者はお金持ちのイメージがあります。
しかし、収入に安定性がないため、意外とお金を借りれないことが多いです。

また、カードローンは資金使途自由ですが「事業性資金には使えない」ことが多いです。自営業者がお金に困窮している理由は、「事業がうまくいっていないから」であるケースが多いです。よって、事業資金に使われないかどうか?を審査でチェックします。

自営業者がカードローンの審査を受ける場合、直近の決算内容(売上など)を聞かれることがほとんどです。実は私も自営業者ですが、クレジットカードの審査一つでも、業績について必ずヒアリングを受けます。

ただ、自営業者は儲かっている時はとにかく調子がいいものです。聞くところによると、自営業者のカードローン借入額は800万円など、高額になっていることも多いのだとか。

いかがでしたか?

カードローンの場合、職業によって審査難易度は大きく異なります。
しかし、チェックするべきポイントはある程度限られています。

現在の年収と、収入の安定性。
他社からの借入状況はどうなっているか。

ローン会社によって審査に甘い・厳しいというものもありますが、上記を参考にしてみると役立つと思います。また、専業主婦や学生の方は、主婦や学生を歓迎しているローン会社に行けば、審査通過率も高められると思います。

楽天銀行カードローン