キャッシング審査の在籍確認で借金していることがバレてしまうのか?

申込み・審査

在籍確認

キャッシングの申込みで一番不安なことって在籍確認ではないですか?

カードローンに申し込むと、必ずといって良いほど「在籍確認」が行われます。在確は、あなたがカードローンの申込みフォームに入力した勤務先が嘘ではないかを確認する目的で行います。

勤務先を偽っても必ずバレてしまうので正確に入力しましょう。また、年収で嘘をついてもローン会社はあなたと同じ年齢、同じ職業の人がどれくらい稼いでいるのかデータで把握していますから、これもバレます。

カードローンの審査を突破するためには、すべてを正直に入力することが一番の近道です。

会社に借金していることがバレないか

では、在籍確認をされることで、勤務先にあなたがカードローンを申し込んでいることがバレる可能性はあるのでしょうか。在籍確認が不安な理由はここにあると思います。

しかし安心してください。
在籍確認であなたがお金を借りようとしていることは職場にバレません。さすがにローン会社もその辺りのプライバシーには配慮してるので大丈夫です。

在確の電話は個人名で行われる

「アコムの鈴木と申します。おたくに山田さんという方は働いておられますか?」

こんな電話の掛け方をされると、あなたがアコムを利用しようとしているのではないかと疑われてしまいますよね。。。しかし、ローン会社は会社名を名乗って在籍確認をすることは絶対にないので安心してください。必ず個人名で電話してくれます。

「鈴木と申します。おたくに山田さんという方は働いておられますか?」

これなら、在籍確認だと疑われる心配もありません。電話を受けた人は、取引先からの電話かなと思うのが普通です。

クレジットカードや住宅ローンでも在籍確認はある

また、在籍確認はカードローンに申し込んだ時だけ行われるのではありません。クレジットカードの申込みや住宅ローンの申込みでも、在籍確認は日常的に行われています

職場の人に何か聞かれることもないと思いますが、万が一「何の電話だったのか?」と尋ねられたら、クレジットカードに申込みましたとでも言っておけばよいでしょう。

これまでに、在籍確認がきっかけで職場に借金がバレてしまったという話は聞いたことがありません。

本人が電話にでる必要はない

在籍確認は必ず本人が電話に出る必要はありません。ローン会社としては、あなたがその会社で働いていることが確認できればOKなので、あなたの仕事が外回りでも大丈夫です。

例えば、現場仕事をしている人や、営業職で外にいる時間の方が長いという方も多いです。

私もこれまでに数多くの在籍確認を受けている(と思いますが)、在確の電話を受けた経験は一度もありません。

結論:心配しなくても大丈夫です

電話が苦手な人も多いですし、電話による確認はなんとなく嫌な感じがします。しかし、実際にはすごくあっさりとした確認だけなので、心配する必要はまったくありません。

最近のカードローンは、例えばソニー銀行カードローンのように紙の明細を発行しないところも増えました。利用明細はパソコンかスマホで閲覧することになるので、家族や知人に知られる心配もなくなっています。

楽天銀行カードローン