カードローンの増額審査を突破するためのチェック項目まとめ

申込み・審査

電話

カードローンでは、最初に個別審査によって利用限度枠が決定します。その後、返済実績を積むことで、利用枠の増額申請ができるようになります。

カードローンの増額をする場合は、もう一度、与信の審査を行う必要があります。審査の結果、減額されることはないようですが、増額審査に通らないケースは少なくありません。

ここでは、増額審査を通過するために準備しておきたいチェック項目をまとめます。

増額審査を無事に通過するために

カードローンの限度額を増額するためには、事前に準備しておくべき項目がいくつかあります。

6ヶ月以上の返済実績を積む

まず、どのローン会社も共通しているのが「6ヶ月以上の返済実績を積む」ことです。キャッシングでは、借りたお金をキチンと返すことを継続して行うのがなにより大切です。

返済日を守り、遅延なくカードローンを利用し続けると、時間とともにあなたの信用が蓄積されます。そして、ローン会社に「この人はしっかりと貸したお金を返してくれる人だ」と判断されるようになれば、利用額の増額も視野に入ってきます。

そのための見極め期間が6ヶ月となります。6ヶ月に満たない状態で増額を希望しても審査落ちとなるケースがほとんどです。
仮に、審査に通したばかりの人がすぐ増額を申し込んできたとすれば、逆にちゃんと返してもらえるのか、不安になってしまいますよね。

まずは6ヶ月、返済遅延することなく着実に信用実績を積み上げることが、増額審査を突破するための最重要項目となります。

返済比率を減らしておく

あなたの借入状況は「信用情報機関」を通じてローン会社同士で共有されています。つまり、他社にも借入れがある場合は、それも審査段階でお見通しになるということです。

他社に借入れがある状態だと、他社も含めた借入残高が増えるため、限度額が制限される可能性が高くなります。
逆に、一度他社の借入れを完済したり、借入残高を減らした状態で増額申請を行うと、利用限度枠を確保しやすいので、審査にも通りやすくなります。

返済比率とは、「年間返済額が年収に対して何パーセントか?」を見る指標です。返済比率を出来るだけ下げた状態で、申込をするように心がけることが大切です。

年収の3分の1を越えていないか

増額審査を申し込む前に、「総量規制」について考える必要があります。プロミスアコムのような消費者金融は、総量規制によって年収の3分の1以上は融資できません。

つまり、もしあなたがプロミスのような消費者金融に対して増額審査を申し込もうとしているのであれば、まず最初に他社も含めた借入総額が年収の3分の1に達していないか?を確認する必要があります。

総量規制は法律で定められているので、既に借入額が年収の3分の1に達している状態だと、増額を申し込んでも門前払いとなってしまうので注意が必要です。

一本化などの理由を付ける

増額審査を通すための大切なポイントとして、「理由をつける」というものがあります。「なぜ増額が必要なのか?」という理由を用意することで、金融機関も審査に応じやすくなります。

そして、その理由として一番適しているのが「ローンの一本化をするから増額したい」です。他社に借入れがある状態でも、それらをすべて完済して、ローンを一本化すれば、管理がしやすいだけでなく、借入れ利率も下がります。

ローンの一本化(おまとめ)はメリットが沢山あるので、利用限度額の大きい銀行カードローンに対して、「一本化」を理由に増額申請してみると、負担も大きく軽減できると思います。

いずれにしても、増額するための理由を用意することも重要と言えるでしょう。

住所変更などは事前に済ませておく

増額審査も、基本的には新規申込と審査内容は同じです。よって、住所などに相違があると、その時点で審査が不利になってしまう可能性も考えられます。

常に、「新規申込をしたとして融資してもらえるか?」を考え、新規と同じように申請を出すことが大切です。
住所変更などがある場合は、事前に済ませておき、最新の状態にしてから申込をするようにしましょう。

増額審査に落ちてしまったら

増額審査に落ちてしまった場合は、連続して申し込むことは控えます。ローン会社には「前回増額申込時から半年以内の複数回にわたる申込はご遠慮ください」などの記述もあります。
もし審査に落ちてしまった場合は、6ヶ月の期間を空けてから再チャレンジしましょう。

もちろん、増額できなかった場合は、他社のカードローンに新規申込をすることで、利用枠を増やす方法もあります。こちらの方が、確実性は高いです。

一本化せずに複数のローン会社から借りると、金利は高くなってしまいます。しかし、どうしても利用枠を増やす必要がある場合は、その方法がもっとも効率的な借入れの方法だと思います。

→キャッシング業者の一覧はこちら

楽天銀行カードローン