対象外もあり!総量規制とは何か?消費者金融利用前に知っておきたいこと

用語集

総量規制

総量規制とは、一言でいうと「あなたの年収の3分の1までしかお金が借りられないというルール」です。

消費者金融などの貸金業者は、この「総量規制」に則ってお金を融資しているため、現在は年収の3分の1を超える借り入れはできないようになっています。
例えば、あなたの年収が200万円だった場合、最大66万円までしか融資を受けることができません。

総量規制の基本ルール

総量規制の基本的なルールをまとめます。

  • 総量規制が適用されるのは「個人向け貸付」のみ
  • 事業用資金を借りる場合は対象外
  • 不動産購入や自動車購入資金の貸付は対象外
  • 他の貸金業者からの借入も合計して年収の3分の1までに制限
  • 総量規制の対象外となる金融機関がある

事業資金としての借入は総量規制の対象外となるほか、年収の3分の1を超える借入となるケースが多い、住宅ローンや自動車ローンも、対象外となります。

借入限度額は全業者の合計

また、借入残高は「全業者の合計」となります。
例えばあなたの年収が300万円だった場合、総量規制によって借入限度額は100万円(年収の3分の1)に制限されます。

その上で、消費者金融のプロミスから60万円を借りた場合、その他の貸金業者であるアコムに借入を申し込んでも、残りの40万円までしか借りることができません。

すべての業者から借りたお金の合計が年収の3分の1に制限されるのです。
貸金業者は、あなたの申し込みを受けて審査をする際に、まず「信用情報機関」を通じて、あなたがどの業者からいくら借りているか?を調査します

つまり、申し込みフォームに「他社から借りていない」と嘘をついても、あなたの借入状況の情報はすべて筒抜けとなっており、バレてしまいます。
くれぐれも申込時に嘘の情報は書かないようにしましょう。

総量規制の対象外となる金融機関

キャッシングの利用額が年収の3分の1までに制限される総量規制。
実は、このルールから逃れる方法があります。

それは、総量規制の対象外となる「銀行からお金を借りること」です。
総量規制とは、「貸金業者」に対して適用されるルールです。
貸金業者とは以下のような会社のことを言います。

  • 消費者金融:アコム・SMBCモビット・アイフルなど
  • クレジットカード会社:JCBカードや三井住友カードのキャッシングなど
  • 信販会社:オリコやアプラスなど

つまり、上記に当てはまらない銀行からの借入は総量規制の対象外です。
最近では、銀行でもキャッシングやカードローンの取扱があります。

銀行カードローンのメリット

銀行のカードローンを利用するメリットは沢山あります。

  • 総量規制の対象外である
  • 金利が低い
  • 融資限度額が大きい
  • 銀行ならではの安心感がある

銀行カードローンは「限度額が大きく金利が低い」メリットがあるので、複数のキャッシング業者から借りている場合、「銀行カードローンに一本化」することで、金利負担が小さくなります。

現在、消費者金融など複数の貸金業者からお金を借りている場合は、銀行カードローンへの一本化を考えてみてはいかがでしょうか?
逆に、銀行カードローンのデメリットは以下のとおりです。

  • 審査基準が少し高め
  • 審査期間が長め

確実に審査に通過したい場合や、すぐに借りたい場合は、やはり貸金業者のアコムSMBCモビットが有利です。

逆に、銀行カードローンならではのメリットを利用したい場合は、審査期間が少しながくても、銀行から融資を受けた方が安心感は大きいと思います。

楽天銀行カードローン